営業職未経験者の志望動機について

04-21,2012

私が面接時に必ず聞くようにしていることは、志望動機です。


ほとんどは営業職未経験の中途採用面接なので、学歴や職歴は様々な方が面接に来ます。

正直、ホームページ制作営業職の場合、ほとんど学歴は役に立たないことが多いです。


■ どんなに高学歴でも、元気がなくて暗い表情で面接にこられる方には出来るイメージがわきません。

■ 逆に、最終学歴が中卒、高卒でもやる気と意欲があれば営業職が出来そうなイメージが沸きます。



履歴書を見ながら面接をしますが、

履歴書書き方 としては、やはり手書きで一文字ずつ丁寧に書いてある履歴書は印象がいいです。

逆に、殴り書きで文字が読みづらい、志望動機までコピーして使いまわしているものはすごく印象が悪いです。

空欄があまりにも多いのも手抜きなイメージがついてしまいます。


そして、志望動機については必ず質問します。

未経験者の場合、営業職を応募したからには何かしらの思いがあるはずです。

一般的に営業って

「きつい」「たいへん」「ノルマ」「残業」「縦社会」「実力主義」「高離職率」

といったネガティブなイメージの多い職種です。

でもあえて営業職を志望したからには理由があるはずです。

ネガティブな要素のたくさんある中に、

それでもやってみたい!

と思えるポジティブな理由を聞いてみると、どういう思いで応募したのかが見えてきます。


その思いが明確な人ほどモチベーションを高く保っていけます。

どんな理由でも明確であればしっかり伝えられます。

教科書通りのきれいな答えよりも、

周りから見ればささいなことでも

本人の中で明確なその理由を志望動機としてはっきり答えられる人はすごく印象がいいです。



あくまでも営業職の応募なので、自分の思いを自信を持って伝えられる人がお客様にも自信をもって話が出来ます。

未経験者の場合は経験はないのは分かっていますので、自信を持って志望動機面接官に伝えることが大事です。



これからの時代で勝ち抜くのは営業術だ。








関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。