スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業マンはより数字を作る為にはどこに視点を合わせるか?

02-21,2012

営業の目標数字を達成させる為の方法はたくさんあります。

世の中には、数々の先人達が名言や書籍を残しています。

私が提案できることは、あくまでも営業サラリーマン向けのことです。


モチベーションの秘訣は、インセンティブ(歩合給)だったり、契約だったり、お客様のありがとうだったり、

様々だと思います。

しかし、”契約”がゴールになってしまうと、その後のキャンセルや、お客様の立場というものが

どうしても視点から外れてしまいます。

お客様のありがとうをモチベーションのすべてにしてしまうと、

会社から下ろされる数字は未達成でも満足してしまいます。


締め日までにどれだけの結果を残せるか?

というのが営業マンの成績です。


自分基準で考えるとどうしても甘さが出てしまいます。

一番バランスのいいのが、

会社から出されるノルマや、昇格基準に焦点を合わせるのがベストです。



自分のスキルやモチベーションがなければ達成できないでしょうし、

逆に自分に甘さが出てしまうと達成できないラインに会社のノルマや昇格基準は設定されているはずです。

(そうでない会社もあるでしょうが...)


自分で決めた目標は思ったよりも甘えが出やすいことを覚えておくと、目標の設定も変わってくるはずです。



関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。