スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名刺交換から始まるコミュニケーション術

09-12,2011

高い契約率を誇るトップ営業マンは、名刺交換から違います。

たかが名刺交換、されど名刺交換です!

お客様との距離を縮める絶好のチャンスが名刺交換です。

ただ名刺を渡して、即座に商談に入る営業マンもいますが、これはすごくもったいないことなんです。
名刺には、お客様のいろんな情報が詰まっています。
たとえシンプルな名刺だとしてもです。

例えば、名前一つからでもいろんな会話が始められます、
珍しい名前であれば、
「珍しい名前ですね、どちらのご出身ですか?」
からプライベートな会話をひきだすことも出来ますし、
名刺に事業内容が入っていれば、後々サービスの提案をする時に貴重な材料になります。

特殊な素材の名刺であれば、こだわりをもっている可能性もあります。

自己紹介などが入っていれば、共通点を見つけて会話が弾むとその後の商談はスムーズに行くことが多々あります。

お客様は、訪問してくる営業マンが気に入らなければどんなにいい商品を提案してもおそらく買ってはくれないでしょう。
逆に、営業マンがすごく気に入れば、商品力以上に契約してくれる可能性は高くなります。

例えば、電気屋さんに行っても、詳しい説明をしてくれる店員さんだけどなんか感じ悪い
という店員さんより
新人さんで詳しくはないけど親近感のわく店員さんの方が
気持ちよく購入できませんか?

名刺交換はコミュニケーションの第一歩です。
第一印象は名刺交換で決まるのです。

なかなか契約が取れない...
という方は名刺交換から見直してみると意外とスムーズに営業ができるかもしれません。


関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。