スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自信が結果を変える!

10-29,2011

自信のある人と、自信のない人。


どちらが良い結果を出しやすいかと言えば「自信のある人」です。

新人のうちは当然知識も乏しければビジネススキルも経験も不足しています。

それでもうまくいく人は、自信をもってやっています。


新人の営業マンでも契約をしてくださるお客様はたくさんいます。

「一生懸命話しをしてくれたから熱意を買うよ」

「ホームページとかいまいちよくわからないけど、君がそんなにがんばっているからきっといいものだろう」

「新人の君がそこまでいうならやってみるよ」

と言うお客様がほとんどです。


共通するのは、誠意をもって熱意を伝えようとしていると、熱意が伝わるのです。

ただ、そもそも自信を持ってトークをできないと熱意は伝わりません。

どんなに営業トークを流暢に話せても、どんなに切り返しのテクニックがうまくても、

熱意を伝えないと契約はなかなか取れません。


自信と言うのは新人の時は誰もが持っています。

そもそも、多少なりとも自身がなければ営業職は選ばないはずです。

新人の時点では根拠のない自信でもかまいません。


ただ、半年、1年、3年と営業を続けていく上で、必ず挫折するところが出てきます。

その時に自信を後押ししてくれるのが、幅広い知識や経験です。

新人時代の勢いは長くは続かないケースがほとんどです。



自信を保つためにはどうしたらいいのでしょうか?

答えは、常に知識を蓄えることと、経験を自分のものにしていくことではないでしょうか。


関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。