スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"覚える"ことと"出来る"ことの違い

10-20,2011

自分の頭で理解することと出来るようになることは別物です。

どの位違うかと言うと、テレビを見ることができるのと、テレビを作ることが出来ると言うくらい別物です。

新人研修をしているといつも思い出します。

自分の頭で理解することは、教える人や教え方にもよりますが、比較的短期間でできるようになります。

たとえば知識。
営業マンであれば商材やサービスに対しての知識、ビジネスマナー、社会情勢など。
これはいかに勉強したかでさがでます。
逆にいえば勉強さえすれば良いのです。


ただ、出来るようになると言うことは、

自分の頭で理解して、さらにアウトプット出来る。

と言うことです。
ほとんどの場合は経験や反復練習を必要とします。

どれだけ知識があっても実践できる能力がないと営業マンはつとまりません。

営業トークがうまく話せない...
と相談を受けることも良くありますが、まず一番最初に確認して欲しいのは、どの位の反復練習をしているか?です。
基本的なトークマニュアルがある営業であれば、基礎になるのはトークマニュアルです。
頭に叩き込む!と言うより夢にまで出てくるくらいに覚え込んでみて下さい。
自分流と言うのは基本ができてこそのオリジナルです。

かのイチロー選手も、誰よりも多くバットを振っているからこそ今だに世界のトップクラスで活躍しているのです。

出来るようになったら今度はどれだけそれを続けることが出来るかです。

そのためにはまずは反復練習(ロープレ)がすごく大事なことです。


関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。