スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページのターゲットユーザーを把握する

09-30,2011


■ お客様のお客様(サイトを作った際に実際に見てもらいたいターゲットユーザー)は誰なのかを把握する。わからなければお客様に質問する。
Ex. 年齢、性別、地域、特性、ユーザーの環境、ニーズ、法人、個人、





商売の業務フローや単価を聞いていくと、実は驚くほど売上や利益の高い会社様もいます。



以前、私のお客様で、

小学校の隣で、家族経営の昔ながらの文房具屋さんが年商3億と聞いたときにはびっくりしました。

文房具やさんなのでお客様のお客様は、地元の小中学生、近所の方が文房具を買いに来るものだとばかり思っていましたが、

メインの顧客は学校や会社でした。

定期的に納品する取引先が約500社あるとのことでした。

それを聞くと、ホームページの提案内容やターゲットユーザーは全く変わってきます。


自分のイメージの中でサービスの提案をするのではなくて、お客様のやっている商売や仕事に興味を持っていろいろ聞いてみると、予想以上にいろんなことを吸収できます。

関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。