スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレアポのコツ 1.たくさんかける!

09-12,2011

テレアポ、テレマーケティングで重要なコツ

大事なことは


 1.とにかくたくさんかける!

 2.ゆっくり話す!




この二つが重要です。

ただし、
あくまでも対象になるリストにコールする
ことと、
トークスクリプト(マニュアルや、話す内容)がある程度決まっている
ことが前提です。

それがなければ、ただ数多くかけても統計や、修正ポイントが全くみえず、効率を上げる事が難しくなるからです。

リストがきまっていてトークマニュアルがあるのなら、あとはいかに件数を数多くこなせるかが大事なポイントです。


1.の、とにかくたくさんかける!
については、映画"幸せの力"でもやっていましたが、いかに無駄な時間を無くすかです。

例えば、AさんとBさんが1時間ずつコールしたとします。
Aさんは1時間で20コール、Bさんは1時間で30コールしたとします。
1時間であればたったの10件しか変わらないですが、一日7時間、一週間(5日間)続くと、350件も差がでます。

例えば1%の確率で見込みが作れると仮定すると、単純に3.5件の差が出ます。
もちろん統計だけでは結果は出ませんが、少しでも確率を上げるためには、1件でも多くコールする必要があるのです。

無駄な時間をすこしでも無くす方法の一つをご紹介すると、
一件かけて受話器を置いて、コールした結果を一件ずつ書いてまた受話器を上げてコールして...いくのであれば、受話器を置かずに次のコールをして、呼び出し音がなっている間に前のコール結果を書くようにする。
これだけでも前者の1.3倍はコールが出来るはずです。

こんな事を書いてしまうと、過去に営業会社であった 手を受話器にガムテープで固定されて掛け続けさせられる!
という魔の伝説が思い浮かびますが...
実際はその位の覚悟でやった方が確実に結果はでます。

2.テレアポはゆっくり話す!
については次回書きます。









関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。