スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安くても売れない、高くても売れる、違いは?

09-20,2011

インターネットが普及した世の中ですので、値段だけ安いものを探そうとすれば、ほとんどのモノやサービスの最安値を簡単に調べられる時代です。

そんな世の中でも
営業マンは必要とされる
のです。

実際、どんなモノでも営業マンを介して購入すれば通常より高くなります。
なぜなら、そこに少なくとも営業マンの経費が加算されるからです。

ホームページも同じで、

安く作ろうとすれば自分で作るのが一番安いんです。

それでも私に頼んでいただけるお客様はたくさんいます。


経営者となると、お金を払うことに見出す価値は値段だけではありません。

時間がかけられないとなるとそこに価値が出ますし、
デザインをきれいにしたい、
SEO対策もしたい、
いろいろ相談に乗って欲しい、
わかりやすく教えて欲しい、

など、様々なことを考慮して費用対効果を考えるはずです。

とすると、価値を作ることのできる営業マンはいつの時代も必要なんです。

商品の説明だけならインターネットで十分です。

その人に合わせた価値を提案できることが一番営業マンに求められることなのです。


高い安いは営業マンではなくて、買うお客様が決めることなのです。


関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。