スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1歳の息子に学ぶ物事の捉え方

05-30,2017

同じ状況に置かれたとしても、捉え方や考え方で結果は大きく変わってきます。

営業の現場においては、お客様の発言や状況で臨機応変に状況を把握して進めて行く必要があります。

今回はぼくの息子が2歳になる前くらいの実話です。



某大手回転寿司店で昼食を食べてお会計の時に見つけてしまいました。

ガチャガチャです。

6台くらい並んでいたのですが、その中にきかんしゃトーマスのガチャガチャを発見し、2歳前の息子はすぐさまかけ寄って行きました。

「がちゃがちゃー」

「。。。」

「がちゃがちゃやるー」

「・・・」

もうこうなってしまうと手がつけられません。。

「一回だけね」

「うん!」

最近のガチャガチャは一回200円とか300円します。

高い気もしますが回転寿司1皿分と考えればいいかなーと。

ぼくの経験からガチャガチャで目当てのおもちゃが出たことが無いので全く期待はしていませんでした。



ちょっと余談になりますが、10種類のおもちゃがあるガチャガチャで全て揃える確率は約30回ガチャガチャを回す必要があるようです。



ガチャガチャ。



出てきました。

トーマスやパーシー、ヒロなどの魅力的な機関車たちのガチャガチャから出てきたカプセルを空けてみると、、、

黄色いコンテナ。

荷物です。

「にもちゅー!」

と喜ぶ息子。。



「もう一回やる!」

という息子。

荷物を引き当てて喜んでいる子供を見てなんだかかわいそうになってしまい、

「もう一回だけね」

「うん!」



ガチャガチャ。



出てきました。

まさかの黄色いコンテナ。

恐る恐る我が子の顔をのぞいてみると、

満面の笑みで

「おんなじだー!おんなじおんなじ!にもちゅ!」

とすごく喜んでいました。。



(まぁ本人が喜んでいるならいいか)

と思った出来事でした。

ちなみに4歳近くなった今ではウルトラマンを買うまでおもちゃ売り場でダダをこねるまでに成長しました。


捉え方、考え方次第でモチベーションというのは大きく変わります。

営業の現場でも、お客様からのネガティブな言葉をネガティブにとらえるのか、ポジティブにとらえるかで切り返しトークは大きく変わってきます。

お客様の思考を良い方向に変換出来るような捉え方、見方をしていきましょう。



関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。