営業という仕事は苦しみを乗り越えていく仕事?

12-20,2013

営業という仕事に理想を持っている方は多いかと思います。

もちろん結果重視の営業職であればなおさらです。

入社時点では失敗することの辛さや、営業という仕事をしていく上での困難ってなかなか想像がつかないもの。

もちろん私も
「他の人にできるなら自分にも!」
という思いがあって始めました。

ただ、営業職をやる上でついてくる困難って想像以上の困難や苦しみがあります。

それを乗り越えたときにしか見えないものもありますが、乗り越えるまではまったく先が見えないのでたちが悪い。


本来、仕事や営業って楽しいもの!

って伝えるのが何よりも素晴らしいことだと思います。

そんな思いがお客様にも伝わって契約に至ることも多いのでしょう。


でも、本当に楽しいことって、困難を知らないとなかなか楽しさに気づけないのでしょうね。

だからこそ、

若い時の苦労は買ってもせよ

ともいわれるのでしょうね。

今の時代に合ってないかと思いますが、大事なことだとも思います。


私はできる限り困難は避けて通りたい人種ですw

だからこそ困難を知っておいたほうが、その苦しみを二度と味わいたくない!

という思いが先行して解決策を探そうとします。


そうやって営業マンも大人になっていくのでしょうね。



 
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。