年収2500万!お金持ちの経営者の思考

01-27,2013

年収2500万円。

これ私の事ではありませんが・・・


先日、歯科医院の理事長夫妻と商談をする機会がありました。

ホームページ制作の案内に伺ったのですが、医院の事務所に案内していただいて、

その事務所が、歯科医院のバックルームなので通常は人目にふれない場所なのに

デザイン会社のような雰囲気だったり。

見渡してまず私の視界に飛び込んでたのが数々の書籍。

その一角に

Illustrator、Dreamweaver、デザイン、フォントなどの本の数々。。

そしてその隣には

Android SDK、Java、エンジニア関連、サーバー関連、ネットワーク関連の書籍の数々。。

正直

(自分で全部できるじゃないか・・・果たしてうちみたいなホームページ制作会社は必要なのだろうか・・・)

と思ってしまいました。

案の定お話させていただいたところ、理事長自身PC関連がお好きで、院内と訪問診療時にスタッフがつかうアンドロイド用のアプリケーションを作ったり、2院のやり取りを全て直結させてサーバー管理したり、一通りご自身で作ったとか。。
もちろん院内のパンフレットや印刷物のデザインや、医院の設計もご自身でされたみたいです。



最終的にホームページ制作をお申込みいただいたのですが、

いろいろ考えてみるとわかった事がありました。

お金や費用対効果を判断基準にしていない

と言うこと。


商用サイトのご提案をしていると、どれだけかかってどれだけ売上になるか?

という部分に重点を置いてしまいます。

ただ、お金に余裕があって困ってないので、判断基準が全く別なところにあって、

「自分がやるよりも効率がいいのか?」

「依頼する事でより患者さんや医院の為になるのか」

「信頼出来そうか」

という部分がクリアになれば、お金はかかってもあたりまえ。

という感覚です。


お金持ち、というと失礼かもしれませんが、余裕のある方々には通常と別な視点からの

アプローチというのも大事ですね。
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。