テレアポの時間設定はあせらずに!

01-22,2013

テレアポをしている時に気をつけるポイント

○ アポをいれないと!と必死になってしまってあせらない事

○ 訪問した際にきちんと聞く体勢が作れて入るようにする事


この二点が大事です。


そもそも「アポ」ってなんの為にとるのか?

ただ単に○月○日の○時に伺いますよ

という時間設定だけなのですが、あくまでも何の為に?と考えると、もちろん

契約を取るためにアポを取る!

というのが最優先です。


テレアポの上手い人だと、興味のないお客様にでもアポイントは獲得できます。

もちろん興味のないお客様でも、営業マンのスキルによっては興味を持ってもらって

そこから契約に至るケースは多々あります。

しかし、どう考えても効率は悪くなってしまいます。


お客様が多少なり興味を持ってくれたな!とか

少し話しをしてくれ始めたな、

とか感じた時にあせっていると、そのまま訪問日時の設定に入りたくなります。

しかしそこは少しだけ我慢して、試しにもう一つだけお客様に質問をしてみて下さい。


これって当たり障りない部分ですが、他にもサービス内容や会社、営業担当など、

「あ、こいつともうすこし話してみようかな」

という体勢が出来た時に時間設定の話をすることがポイントです。




興味を持っているお客様だけを探していたら、なかなかアポは取れません。

大事なのは、いかに興味を持ってもらうか?

当たり前の事ですけど、なかなか難しいポイントです。


興味を持ってもらえなくても、訪問した際にお客様の「聞く体勢」がしっかりできて

いれば問題ありません。

この「聞く体勢」のできたアポイントって、ちょっとしたことで整います。


例えば、電話を切る前に

「当日お話ができる事を楽しみにしておりますので!よろしくおねがいします!」

これだけで訪問時のお客様の待ち受けは大きく変わります。


他にも、

「伺った際にいろいろご提案もさせていただければと思いますので、社長のお話も

ぜひいろいろ教えていただきたいです!」

とかでも、いいかもしれません。


関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。