スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだか今日いけそうになる、プラシーボ効果 ~営業テクニック⑨~

01-20,2013

■ プラシーボ効果 (偽薬効果、プラセボ効果)

偽薬効果(ぎやくこうか)、プラセボ効果(プラシーボ効果)とは、偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる事を言う。この改善は自覚症状に留まらず、客観的に測定可能な状態の改善として現われる事もある wikipedia




営業という仕事は、たいてい暗示や錯覚で構成されるのではないかと思います。

プラシーボ効果は、病気の患者さんに

「この薬はすごくよく効きますよ」

と伝えて、ただのビタミン剤を飲ませても実際に症状が改善されるケースが

あるようです。


営業トークの場合、良い事やセールスポイントをたくさん伝えることで

 実際に使った事のない製品やサービスに対して先払いしてもらう
  ↓
 実際に使ったら効果がありそう、とかすごく良いサービスだと思い込む

というケースが多々あります。


まさにホームページ制作やWEB関係の営業は、

実物がないものを営業トークと、出来たときのイメージと過去の例だけ

で契約を決めてもらわないといけません。



飲食店様の例

「ホームページを作成して売上が1.5倍になったお店もたくさんありますよ」

「そうなんだ、でもうちの店の場合はどうかなぁ、そんなにうまくいくとは

限らないよね、お客さんの年齢層も高いし・・・やっぱり口コミがいいかな」

「そうですよね、口コミほど強い宣伝は他にないですからねぇ、実は先日

別なエリアなんですけど、私のお客様でもう5年くらいサポートさせて

いただいている洋食屋さんがあるのですが、ホームページ作る前は年配の

お客様が多かったのですが、ホームページを出してみたら意外と若いお客様の

支持が集まって、そこから若い方の口コミが広がっているお店もあるんですよ」

「へぇ~、じゃちょっと考えてみようかな」




こういう会話をよくしていました。

実際はお客様の業種に合わせて話をしていましたので、本当に自分のお客様の例

を出した事もありますし、最初の頃はそういう実績もなかったので、先輩のお客様

や、他社のお客様をあたかも自分のお客様のように話したり、相手に合わせて

微妙に作ったりしていました。


これって少しずるいですが、それでお客様のイメージがわいてホームページ制作

踏み切っていただいて効果が上がっているお店様も多数あります。


偽薬というとあまりいいイメージではないですが、
営業トークとしてはかなり効果的です。


関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。