スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業はフロントトークでほぼ決まる

09-14,2011

新規開拓の営業では、しっかりと売りたいものの土台を作ってからサービスの説明に入らないと、ほとんどのケースでサービスの価値は伝わりません。

私の場合はホームページ(WEBサイト)ですが、どんなに素晴らしいホームページのデザインや機能、運営のしやすやを提案しても、
「そもそもお客様がホームページを欲しい!」
と思ってなければ意味がありません。
商品やサービスの良さを良さを伝える前に、

実際にインターネットで調べている人や使っている人がどの位たくさんいるのか?
ホームページを公開するとどういうメリットがあるのか?
そもそも会社やお店がホームページを持つ事が当たり前なのか?

ということを理解していないお客様の場合は、まずインターネットの必要性や普及率、今後のWebの方向性などを理解してもらわないことにはそもそもホームページの良さは伝わりません。

自分からすれば当たり前の話でも、お客様にとっては必ずしも当たり前ではないことの方が多いのです。

そういう土台を確認せずにプレゼンをしてしまう営業マンはけっこう多いものです。


関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。