スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業マンの憂鬱

10-31,2011

営業マンは孤独です。

契約が取れなければ怒られ、

契約が取れれば妬まれ、

毎月の数字に追い回され、



でも、だからこそ、営業マンは成長するのです。

給料を稼げるのです。


それが営業マンです。


関連記事
スポンサーサイト

自信が結果を変える!

10-29,2011

自信のある人と、自信のない人。


どちらが良い結果を出しやすいかと言えば「自信のある人」です。

新人のうちは当然知識も乏しければビジネススキルも経験も不足しています。

それでもうまくいく人は、自信をもってやっています。


新人の営業マンでも契約をしてくださるお客様はたくさんいます。

「一生懸命話しをしてくれたから熱意を買うよ」

「ホームページとかいまいちよくわからないけど、君がそんなにがんばっているからきっといいものだろう」

「新人の君がそこまでいうならやってみるよ」

と言うお客様がほとんどです。


共通するのは、誠意をもって熱意を伝えようとしていると、熱意が伝わるのです。

ただ、そもそも自信を持ってトークをできないと熱意は伝わりません。

どんなに営業トークを流暢に話せても、どんなに切り返しのテクニックがうまくても、

熱意を伝えないと契約はなかなか取れません。


自信と言うのは新人の時は誰もが持っています。

そもそも、多少なりとも自身がなければ営業職は選ばないはずです。

新人の時点では根拠のない自信でもかまいません。


ただ、半年、1年、3年と営業を続けていく上で、必ず挫折するところが出てきます。

その時に自信を後押ししてくれるのが、幅広い知識や経験です。

新人時代の勢いは長くは続かないケースがほとんどです。



自信を保つためにはどうしたらいいのでしょうか?

答えは、常に知識を蓄えることと、経験を自分のものにしていくことではないでしょうか。


関連記事

GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)のキーワードが文字化けの解決策

10-28,2011

Googleアナリティクス(Analytics)というアクセス解析ツールを使っている方、

トラフィックの検索エンジンのキーワードが文字化けしたりしていませんか?

解決策とまではいかないですが、参考までに掲載しておきます。



トラフィックのキーワードを開くと、通常はキーワードが出てきますが、

こんなキーワードが増えてきていました。

%e5%88%87%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%aa
%e3%81%84%e3%80%80%e3%83%95%e3%83%ad%e3
%83%b3%e3%83%88%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af


 ↑
どういうキーワードなのか不思議に思ったので、解決策を探してみました。



簡単にキーワードが分かる方法としてはwikipediaをつかう!です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ここに文字化けしたコードをいれて表示させる

すると、上に書いた文字列は

"切られない_フロントトーク"

ということがわかります。


ちょっと手間はかかりますが、気になっていたので助かりました。


営業とはちょっと離れますが、予備知識として。


参照元
http://kousuke3.blogspot.com/2008/01/google-analytics.html





※ 追記

最近、こんな記事も見つけました。

便利そうなのでご紹介 ↓

Excelで修復!GoogleAnalyticsの文字化け対策 | カグア!


関連記事

新人営業マンの強みって?

10-27,2011

新人営業マンが、慣れた営業マンよりも契約が取れることが良く有ります。

長年同じ営業をやっていると、慣れは必ず出てきます。

そして、良くも悪くも先入観が入ってしまいます。


新人営業マンの場合は、知識も経験もない分、不要な先入観が入りにくいのです。

なので、やる気に満ち溢れた新人営業マンはある意味最強です。


新人の営業マンの方は、

とにかく自信をもってやる気をお客様に伝えれば、それだけで結果につながる

ことを覚えておいてください。

それがわかってやるのと、わからないで慣れてしまうのでは成長の速度が格段に変わります。
関連記事

総務の担当者は社員じゃない!?

10-26,2011

整形外科にうかがった際のことです。

名刺の肩書は「総務」となっている方とお話しました。

でもよくよく話してみると、週に二日しか病院には顔を出していないとのこと。


なんて楽な仕事だ・・・


と思って詳しく聞いてみると、

実は、病院の社員ではなくて、病院の経理とか総務の仕事を委託されているとの事でした。

もともとは、院長の奥様が経理をやっていたらしいのですが、亡くなった時に依頼が来たらしいです。

病院としても、正社員を雇用する、ということのデメリットを増やすよりも、必要な分だけ委託する、という方がリスクも少ないのだとか。



その担当の方は、いくつかの病院やお店の事務関係を請け負っているみたいで、結構自由に働いてました。

将来的には20社くらいの事務関係を請け負って、老後に楽をしたい!

とおっしゃってました。


何かの雑誌で読んだことはありますが、

これからの時代は会社に属して働く!という縦の組織よりも

個人のスキルを生かして広く働く!という横のつながりに変化していく。


というのを読んだことが有りますが、まさにそうなってきているのだと実感しました。


関連記事

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。