スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業マン必須の地図アプリ、Google MapsのiPhoneアプリがついに!

12-14,2012

googlemapsiphone.jpg
ついにGoogle MapsのiPhoneアプリが登場しました!

今日からダウンロード開始のはずなのに、すでにレビューは1600を超えてます!


外回りの営業に欠かせないのが地図アプリやナビアプリです。

私の場合は公共機関(電車、バス、徒歩)を使った移動がメインなので、

地図や乗り換え案内は必須です。

私はiPhone4Sを使っているので、ずーっとGoogleMapsを使っていたのですが、

ご存知の通り、iOS6にバージョンアップしてからは...

Yahoo!ロコやナビタイムなどを組み合わせて使ってみたり、

safariでGoogleMapを最大化表示してホームボタンから疑似アプリとして使ってみたり、

(こちらを参考にさせて頂きました。)
http://getnews.jp/archives/256063

いろいろ試したのですが、しっくり来ませんでした。

(もちろん純正のマップアプリは...)

新しいGoogle Mapsを実際に使ってみたら、

以前のアプリより遥かに使い勝手は良くなっていそうです。

何より地図のローディングがものすごく早いような...



やはり本家のアプリは違いますね。

ちなみにいろいろ機能があるようですが、画面右下の...を左にスライドすると



の様に地図の種類が切り替わります。

検索も、純正アプリではいちいちナビタイムとかに飛ばされていたのが、



と、PCのGoogleMapを使っているのと違和感がなく、アプリ内で完結します。


何よりも、googleのアカウントでログインしたままであれば、

自宅や社内のPCで検索した履歴まで表示出来るので、

これはとても便利ですね。

さらに、

●左右に振るとフィードバックを送信

●二本指で縦にスワイプすると、iOSアプリで斬新だった3D表示

●二本指で横にスワイプでも地図の表示を切り替えるサイドバーが表示

など、機能が充実しているので、外出時はこのアプリで十分な感じです。


こういったツールって急いでいる時なんかは使いこなせるとかなり便利なので、

外回りの営業マンとしては押さえておきたいポイントです。


スポンサーサイト

営業マンのiPhone 〜情報収集は通勤電車で〜

01-16,2012

営業マンであれば最新情報や世の中の動きをチェックしておきたいところです。

私の場合は朝の通勤電車で新聞を読むことにしています。

ただ、

混雑した電車の中で新聞を広げるのは周りにも迷惑がかかります。

そこで、iPhoneアプリの

産経新聞

を読んでいます。

産経新聞まるまる一日分がiPhoneで読めます。



産経新聞アプリ1産経新聞アプリ2



ついでに、「フジサンケイビジネスアイ」も読めます。

どちらかといえばBusiness iの方を好んで読んでいます。


朝、自宅を出るときにアプリを起動して駅まで歩きます。



産経新聞アプリ3産経新聞アプリ4


すると電車に乗る頃にはダウンロードできているので、電車の中で読んでいます。

新聞くらい読まなきゃ…でもなかなか…

という方には便利でおすすめです。

毎朝の最新情報のチェックに便利な営業マン向けのアプリだと思います。



ちなみに最近、個人情報送信のニュースで話題になっていますが、

私的には新聞を自宅に持ってきてもらうよりはいいのでは?と思います。




産経新聞iPhoneアプリ

産経新聞 無料アプリ
カテゴリ:ニュース
言語  :日本語


TeamViewerとiPhone(iPad)で外出先でもPCチェック

11-12,2011

外出先で、

「社内のPCにデータを置きっぱなしだ…」

「お客様の情報が会社のPCじゃないとわからない…」

「会社のPCの書類を急いでメールで送りたいけど一日戻れない…」

など、外出の多い営業マンは結構あるかと思います。


かといってノートパソコンを常に持ち歩くのも重たいし…


という悩みを解決できる方法があります。


Team Viewerを使う方法です。



 ↓ ここのサイトでやり方が載っていますので参考になります。

 「TeamViewer」の設定と使い方 - Welcome to iPit



teamiewer




これがあれば、リモート(遠隔操作)でiPhoneiPadからPCのデスクトップを操作することが可能です。


tviphone

iPhoneの画面にパソコンのデスクトップを表示させているスクリーンショットです。


Wifiの環境だと快適です、3Gでも動くので、基本的にはケイタイの電波が入ればどこからでも会社のパソコンにアクセスできます。

もちろん遠隔操作するパソコンの電源が入っていないと使えませんので、外出時に電源を切ってしまった・・・

と言う場合は難しいです。


あとは、iPhoneiPadも、FLASHのサイトを表示できないので、訪問前にお客様のホームページをチェックしようとしたら見られない!!

と言う問題も、TeamViewerとiPhoneがあれば解決します。


便利な世の中ですね。




営業マンのiPhone4S iPad

11-07,2011


iPhone4SiPad

AppleのiPhone4SとiPad(初代)です。

最近は外回りをするときに欠かせないツールとなってきました。

私の場合はiPhoneもiPadも両方持ち歩いて、状況によって使い分けをしています。



○ 電車の移動中などで立っている時、

○ 最寄り駅を降りてからお客様先への道案内、

○ ソフトバンクのケイタイを持っている人への通話、メール

iPhone


○ お客様との商談中にサイトの確認、

○ 電車で座れた時、

○ 余裕がある時のインターネット、

○ 電子書籍の閲覧、

○ iPhoneのバッテリーがピンチの時、

iPad


と使い分けています。

iCloudをうまく利用したいのですが、いまいち活用し切れていません。

なにせFREEで使える容量が5Gだと足りないのです。。


ホームページの提案をするときに、パソコンがお店にない!というお客様も多いので、

実際に画面を見ながら提案を出来ることは大きなメリットだと思います。


もちろんメインは紙の資料とペンを使いますが、いざと言う時に役に立ちます。



営業ツール・資料・アプローチブックの使い方の基本

11-01,2011

営業マンの武器と言えば、

・営業資料

・アプローチブック

・営業ツール

・名刺

などです。


特に、トークマニュアルがある営業であれば、パワーポイントで作った資料や、アプローチブック、ipadなどを使う時の注意点です。

① お客様に資料を見せるなら、資料の中身は全て確実に把握しておく

② 資料を指差す場合は、お客様の視線を意識する


①については、

自分で使う資料は自分でつくるのが基本ですが、会社から支給される資料やツールがあるのであれば、書いてある内容をキチンと把握しておく。

質問されて答えられないような資料はなるべくつかわない。

お客様に説明をしながら、不用意になんどもファイルをめくったり、どこにあるかなぁ・・・と探す時間は一番もったいないです。

お客様の集中力もきれますし、出来る営業マン!とは思われにくいでしょう。


②については、

お客様は営業マンの視線や、指先に視線を合わせようとします

営業マンの指が資料の上で無駄な動きをしてしまうと、お客様の視線は定まらず、トークが頭に入りにくく、疲れてしまいます。

資料やツールを使うときは、見て欲しいところ、話しているところを指差して説明するのはいいことですが、
あまり指をふらふらさせないようにしましょう。


ホームページ制作の営業では意外とパソコンの画面で説明するよりも、紙の資料を使ったりすることも多いので気をつけるポイントです。



最強の営業ツールは白紙?

10-15,2011

ボールペン


営業マンにとって、最強の営業ツール

○ A4のコピー用紙(白紙)

○ ボールペン


ではないかと思います。


もちろんお客様先に訪問する時は、

名刺、資料を入れたファイル、パワーポイントで作った提案資料、iPad、契約書などさまざまな営業ツールを活用してお客様に提案をします。

そのほうが、お客様にとってもイメージがわきやすいですし、信用性も高くなります。


ただ、

紙とペンがあれば何でも売れる!

という営業マンが一番かっこいいと思います。


紙とペンがあればイメージは十分伝えることが出来ます。

営業資料やツールに頼りすぎると、営業力はなかなか養えないです。



えーー、と思う方もいるかもしれませんが、

・字が下手だから 
 → 上手に書けるように練習すればいいです

・イメージを図で伝えたい
 → イラストを手書きすればいいです

・信用性が薄いから
 → 商品の前に、自分自身を信用してもらえるような営業をしていますか?

と考えると、あとは契約書があれば十分なのです。



そして白紙を使うと、なんとか書くことを見つけようとしてお客様にいろいろ質問をするようになります。

メモをとりながら話を聞いてくれる営業マンは思ったよりも印象がいいようです。

そしてお客様のいった言葉を書きとめていくと、最初は考えやイメージが漠然としていても、書いたものをみていると整理できるのか、

「形になってきたねぇ」

といわれることも良く有ります。


書き方も、ただ書いていくのではなくて、いろいろ工夫してみるとより伝わりやすくなります。


私の場合は2種類に分けて書いていきます。

① お客様が言った言葉や、ヒアリングした内容、事業内容など

② 自分が提案する商材やサービスを書き込んでいくもの

 (こちらにはお客様からヒアリングしたことも加えて書いていく)


理由は様々ありますが、説明し終えたあとに

「書いた紙分かりやすかったから置いていって」

と言ってくださるお客様も良くいます。

そういう時は②の紙だけお渡しして、①は自分の控えとして持ち帰ります。

そうしないと、お客様からの情報を忘れてしまったり、あとあと分からなくなったりすることも防げます。



一度ツールに頼らずに営業をしてみると自分に足りないものが見えてくるはずです。



私のいつも使っているボールペンです。

コンビニなどでも売っていますが一番使いやすいです。

見かけたら基本的にまとめ買いです。。





営業マンのiPhone、iPadとDropbox

10-07,2011

外回りの営業マンにとって、iPhoneやスマートフォンは今や欠かせない便利なツールです。

しかし、外に出っぱなしの場合は、半日もたたないうちに電池が...ということが多々あります。

私の場合はiPadも持ち歩いているので、極力外出中や電車の移動中はiPadを使ってます。


ちなみに、iPhoneもiPadも全て無料のアプリで十分快適な状態です。

(買おうかどうか迷っている営業さんにはオススメです。)


無料で使っているアプリの中でも使用頻度の高いアプリを紹介します。

「Dropbox」です。

Dropbox


使い方はこちらのサイトが分かりやすいです
→ http://www.getdropbox.jp/



会社や自宅でファイルをアップしておけば、どこでも閲覧可能です。

社内にいる人と共有して使うとさらに便利です。

アポイントの情報や詳細は基本的に社内で手書きの紙ですので、pdfにしてdropboxにアップしてもらうと簡単に見ることができます。

それまでは、毎回コピーしたり、電話でながながと聞いたりしてましたがずいぶんとスムーズになりました。

共有するフォルダや共有する人のリストも管理できるので、プライベートなデータも手軽なオンラインストレージとして使ってます。


社内のスタッフと外回りの営業マンの連携にはぜひ使ってみて下さい!



当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。