売りたい気持ちだけでは売れない、売れるサイクルに入れば売れる!

03-07,2013

一度契約が取れない波になってしまうと、

「何とか契約を取らないと!」
「何としても売らないと!」

という気持ちが先行して空回りしてしまったりしますよね。

どうやって解決したらいいのでしょうか?


広告関係の営業(求人広告なども含む)の場合、ホームページ制作もそうなんですが、売ろう売ろう!と考えているとなかなか上手くいかなくなります。

もちろん営業職なので、「売りたい!」という気持ちがなければ始まりませんし、契約は取れないですが。。


ではどうするか?

■ お客さんが売れる(上手くいく)イメージを出来るように話す


という何とも単純なことですが、取れない時期や新人の営業マンによくあります。

悪循環の典型パターン

契約が取れない

 ↓

売ろうとあせる

 ↓

売りたい気持ちが前面に出てしまう

 ↓

お客さんは押し売りされそうで不信感生まれる

 ↓

営業マンもっとあせって売り込もうとする

 ↓

お客さん嫌がって契約にいたらない




という悪循環。

ではいい流れってどうなんでしょうか?
この真逆です。

良い循環のパターン

契約が取れる

 ↓

お客さんにありがとうと言われる

 ↓

気分良くなってもっとお客さんを喜ばすには?と考える

 ↓

お客さんは真剣にうちのことを考えてくれる信頼できる営業マンだと信頼してくれる

 ↓

営業マンその期待にこたえようともっと考えて提案する

 ↓

お客さん喜んで紹介くれる



という好循環です。


この二つ、何が一番違うかと言うと、やはり自分優先で考えているのか、相手優先で考えているのか。

この違いがかなり大きいかと思います。


ただ、そもそも良い循環の最初にある

「契約が取れる!」

という部分からあえて始まってますが、ここはどうしても自分の力が必要です。


「その契約が取れないから悩んでいるんだ!」

と言われそうですが、よく考えてください。

”循環”

と言うことは円なんです。

どこから始まってもそういうサイクルに入る事は出来るんです。


 まずは目の前のお客さんに

  「ありがとう」

    と言ってもらうためにはどうしたらいいか?


という部分からはじめてみるのがはじめの一歩です。


ホームページ制作を売りたいなら、お客様がホームページを活用して売上が上がっていくイメージを作ることが最優先ですよ。

関連記事

COMMENT

おはようございます。
いつもありがとうございます。

『良い営業マンは、売りたい商品の話を一切しない』
と聞いたことがあります。

売ろう売ろうとすると、それが相手にも伝わってしまいますね。

ではなく、目の前の相手をどう喜ばせるかを考える、
営業に限らず大事なことですね!
2013/03/14(木) 09:06:01 |URL|起業家りーまん。改めがけっぷち課長 #- [EDIT]
いつもコメントありがとうございます。

良い営業マンって会社にとっては売上を上げてくることが最優先、でもお客さんにとっては価値の高い情報をくれる営業マンの方が必要としていただけますよね。


相手を喜ばせる、仕事に限らず家庭でも大事な事ですよねww
2013/03/14(木) 10:15:30 |URL|salesman #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

当ブログに関しては基本的に自由に転載、転送、蓄積、複写はしていただいてかまいません( 著作権法(32条)に認められる「引用」は自由です)が、出来ればコメント一言、又は当ブログへのリンクをしていただけると幸いです。